新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 044-400-1318
ネット予約
診療案内

どものための予防歯科

虫歯予防は歯磨きだけでは不十分です

虫歯は予防ができる病気です。ですが、ただ歯磨きをしていれば虫歯を予防できる、という単純なものでもありません。虫歯を確実に予防していくためには、正しい歯磨きの仕方を身につけるのはもちろんのこと、食生活を見直す、歯医者での定期的なチェック、歯を強化するケアなどが必要になってきます。

当院の子ども向けの予防歯科では、大切なお子さんを虫歯から守り、生涯にわたって健康な歯、健康な体を維持できるよう、プロのアドバイスやケアを行なっています。

予防歯科はなぜ大事?

虫歯が多い子どもに起こる様々なリスク

虫歯になると、ただ痛みが出て困るだけではありません。虫歯はお子さんを痛みで苦しませるだけでなく、次のようなリスクを引き起こします。

口の中を検査

歯並びや顔の骨格が悪くなる
虫歯がひどくなって早期に歯を抜くことになってしまうと、周囲の歯が空いたスペースに移動してきてしまい、後に生えてくる永久歯がずれた位置から生えてきて、歯並びがガタガタになる原因になります。
また、虫歯でうまくものが噛めなくなってしまうので、あごの骨の成長にも影響が及び、骨格が変形してしまったり、成長不足などを引き起こすことがあります。

ソフトクリームを食べる

栄養状態が悪くなる
虫歯できちんと噛めないと、軟らかいものばかり食べるなど、食生活が偏りがちになります。そうすると栄養状態が悪くなり、成長や健康状態にも悪影響が及びます。

学習風景

学力に影響が出る
よく噛むことは、脳を刺激します。虫歯が多いと、よく噛めなくなってしまうので、噛む刺激が脳に伝わらなくなってしまいます。また、虫歯のせいで歯並びが悪くなると、イライラしやすくなったり、集中力が落ちる原因にもなります。
そのため、虫歯が多いと勉強をする上でも大きなハンディとなりかねないため、学力に影響が出てくる可能性があります。

体育の授業風景

スポーツで能力をうまく発揮できない
スポーツをする上で重要になってくるものとして、バランス感覚や瞬発力などが挙げられます。このような能力はしっかりと食いしばる事でより発揮されます。虫歯で歯がしっかり食いしばれないと、十分に能力を発揮できなくなってしまいます。

一度虫歯になると、虫歯になりやすい

イラスト

虫歯ができたらその時に治療すれば大丈夫だろう、と思われがちです。でも、一度虫歯になって治療したところというのは、虫歯を取ったところを材料で補っているだけにすぎません。
治療直後は、材料と歯はしっかりとくっついていますが、ものを噛む力や飲食物の温度変化により絶えず刺激にさらされています。そのような刺激を受け続けると、いずれ歯と材料の間に隙間ができたり、脱落して虫歯が再発してしまう恐れがあります。
つまり、どんな良い材料で治療したとしても天然歯には敵わないということです。それゆえ、虫歯を作らないことがとても大事なのです。

子どもの予防歯科で行うこと

子どもの予防歯科に通うことで、お子さん自身も「歯を大切にする」という意識を自然に身につけていくことができます。

歯科で定期的に行う予防歯科

歯科医院では次のようなことを行います。

定期健診
定期的に来院していただき、虫歯チェックや歯の生え変わりチェック、歯並びの状態などをチェックしていきます。異常があれば早期に対処できるようにしていきます。

フッ素塗布
乳歯、生えたばかりの永久歯は質が弱く、虫歯になりやすいため、定期的に高濃度のフッ素を塗布して虫歯に負けない歯を作っていきます。効果を持続させるためには3ヶ月ことくらいの塗布を続けていくことをおすすめします。
フッ素は自然界に広く存在している元素で、野菜や牛乳、海産物にも含まれています。その虫歯予防効果の高さから世界中の歯科医院で使用されています。歯科医院で行なっているフッ素塗布は、お子さんに安全な濃度のものを使用し、体に危険はありませんので、ご安心ください。

シーラント
シーラントは、生えたばかりの奥歯の溝にコーティングを行い、虫歯を予防するものです。生えたばかりの奥歯というのは、溝が深く、歯の質もまだ弱いため虫歯のリスクが非常に高いため、溝をカバーしてあげることで虫歯を効果的に予防することができます。
ただし、削って詰めるものではありませんので、次第に欠けたり外れてしまうこともあります。そのため、シーラント後も定期的に検診が必要です。

歯みがき指導
歯磨きをしていても、虫歯になりやすいポイントが磨けていなければあまり意味がありません。当院では、お子さんや親御さんが、おうちで効果的な歯磨きができるよう、わかりやすくアドバイスを行います。

食事指導
虫歯ができないようにするためには、食生活、特におやつの食べ方に注意することも大事です。普段の食生活についてお伺いし、問題点を見極め、虫歯になりにくい食べ方についてのアドバイスを行います。

おうちで行う予防歯科

虫歯を予防するために最も大事なのは、ご家庭での毎日のケアです。歯科医院で予防処置を受けたとしても、油断は禁物です。
虫歯を作りにくくするためには、日々、次のようなことに注意しましょう。

1.歯磨きを正しい方法で行う

歯磨き指導
歯科医院で歯磨き指導を受け、その通りに磨くようにしましょう。基本的に虫歯になりやすいところは、奥歯の溝、歯と歯の間、歯と歯茎の境目部分です。その部分にきちんと歯ブラシを当て、歯と歯の間は1日に1回、糸ようじまたはデンタルフロスを通すと良いでしょう。夜寝る前の歯磨きは欠かさず、1日2、3回行うようにしましょう。

2.食生活、特におやつの食べ方に注意する

ドーナツを食べる女の子
虫歯を最も作りやすいのが、おやつのダラダラ食べです。時間を決めずにダラダラと食べていると、虫歯ができるリスクが高くなります。特に糖分の多いもの(炭水化物も含む)や、口に長く残るような飴などは要注意です。おやつは時間を決めて、短時間で済ますようにしましょう。

虫歯予防処置
  1. 小児歯科とは
  2. 子どものための予防歯科
  3. 年齢別歯科治療
診療内容
  1. 一般歯科
  2. 口腔外科
  3. 矯正歯科
  4. インプラント
  5. ホワイトニング
  6. 妊婦さんの歯の治療
  7. 小児歯科
  8. 小児矯正
  9. 予防治療

^

新着情報
新着情報
新着情報