新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 044-400-1318
ネット予約
診療案内

れ歯

入れ歯について

歯周病

しっかりと噛める入れ歯で快適な毎日を
歯を失うと、たとえそれが1本であっても、見た目が悪くなったり、食事が不便になったり、発音に影響が出たりするものです。さらに、歯が抜けたまま放置していると、歯がずれてかみ合わせや歯並びまで崩れてきてしまいます。

そこで歯を補う治療が必要になりますが、入れ歯はその適用範囲の広さから、歯が抜けた場合に最も多くの人に選ばれている治療法です。

入れ歯には「あまり噛めない」「外れる」「違和感が強い」というようなイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。ですが、最近ではそのようなデメリットを克服した様々なタイプの入れ歯が開発されてきています。

入れ歯の種類

入れ歯には大きく分けて部分入れ歯と総入れ歯があります。

部分入れ歯

入れ歯

ご自分の歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯になります。部分入れ歯は1本失った場合から入れることができます。部分入れ歯には金具が付いており、残っている歯に金具を引っ掛けて安定させます。金具は自費の入れ歯の場合にはつかないものもあります。

総入れ歯

総入れ歯

歯を全て失うと、総入れ歯になります。部分入れ歯とは違い、残っている歯に安定を求められないため、入れ歯の面積を大きくして、歯茎や粘膜に吸着させることで安定させます。

入れ歯のメリット・デメリット

総入れ歯
どんなケースにでも対応できる
入れ歯の1番の強みは、1本抜けた場合から全部抜けた場合まで、どんなケースにでも対応できることです。ブリッジの場合は比較的少数本抜けた場合にしか対応できませんし、インプラントは骨の状態や体の状態によっては行えないこともあります。
保険のものだと治療費を抑えられる
保険の入れ歯を選択する場合、治療費を安く抑えることができます。
外して洗えるので、清潔を保ちやすい
入れ歯はご自分で取り外しができますので、歯磨きをする際には取り外して磨いていただきます。ご自分の目で見て汚れをきれいに落とすことができるため、清潔を保ちやすくなります。
壊れても修理が簡単にできることが多い
入れ歯は壊れたとしても、修理することができるケースが多いのもメリットです。新たに歯が抜けたとしても、その部分に新たに人工歯を足すことも可能です。
唇や顔の張りを回復できる
入れ歯には歯茎の部分が付いていますので、歯が失われて減ってしまった骨や歯茎のボリュームを内側から回復してくれます。そのため、シワっぽい外見にならず、見た目が若々しく見えます。
治療期間が短い
通常、入れ歯は型取りをしてから3、4回の治療で入れ歯が完成します。インプラントの場合は、治療開始から歯が入るまでに数カ月から1年くらいかかることも珍しくありませんが、その点入れ歯は治療期間を大幅に短縮できます。

総入れ歯
他の治療法に比べて違和感を感じやすい
入れ歯は歯茎の部分のプラスチックが大きく粘膜を覆いますので、他の治療法に比べて違和感を感じやすくなります。ほとんどの方はだんだんと慣れて、違和感もそれほど感じなくなりますが、人によっては違和感になかなか馴染めない方もいらっしゃいます。
噛む力が他の治療法よりも弱め
入れ歯は、一般的に他の治療に比べて噛む力が弱めになります。ですが、しっかりと馴染めば、だいたいどんなものでも噛めるようになる場合も少なくありません。
外れてしまうことがある
歯茎がかなり痩せてしまっている場合や、入れ歯が合っていない場合、入れ歯が動いたり、外れたりすることもあります。
あごの骨がやせてしまうことがある
特に合わない入れ歯を使い続けていると、あごの骨がやせてしまい、合わなくなっていきます。そのため、入れ歯も定期的に調整が必要です。
部分入れ歯の場合、金具が見えることがある
部分入れ歯の場合、残存歯にかかる金具が表から見えてしまうことがあります。もし気になる場合には、自費の入れ歯で金具がつかないものを選ぶこともできます。
部分入れ歯の場合、他の歯に力の負担がかかってしまう
部分入れ歯は他の歯に金具を引っ掛けて安定させるため、入れ歯を支える歯にはどうしても余分な力がかかってしまいます。また、金具がかかる部分に歯垢がたまりやすくなりますので、虫歯や歯周病のリスクも高まります。

当院で扱っている自費の入れ歯

当院では、より快適で機能面でも優れる、オーダーメイドの自費の入れ歯を取り扱っています。

金属床義歯

金属床義歯

表から見えない部分の大半が金属で作られている入れ歯です。保険のものはほとんどの部分がプラスチックになりますが、強度を持たせるために厚みを出さなければならないので、違和感が強い、食べ物や飲み物の温度を感じにくい、発音しにくい、というような不具合が出てしまいます。

内側を金属にすることにより、薄くしても強度を高められるだけでなく、違和感を少なく、温度を感じやすく、発音もしやすい入れ歯にすることができます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャーは、部分入れ歯の金具のない入れ歯です。金具がない代わりに、素材を歯茎にぴったりと合いやすいものを使います。金具がないので、見た目が自然で違和感も少なく、若い方にも多く選ばれている入れ歯です。

一般歯科関連メニュー
  1. むし歯治療
  2. 歯周病治療
  3. 入れ歯・義歯
  4. メタルフリー
診療内容
  1. 一般歯科
  2. 口腔外科
  3. 矯正歯科
  4. インプラント
  5. ホワイトニング
  6. 妊婦さんの歯の治療
  7. 小児歯科
  8. 小児矯正
  9. 予防治療

^

新着情報
新着情報
新着情報