新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 044-400-1318
ネット予約
診療案内

タルフリー

メタルフリー治療

メタルフリー治療

金属アレルギーが気になる方、より自然な美しさをご希望の方へ
メタルフリー治療というのは、金属を一切使用しない歯科治療のことをいいます。歯科治療においては、噛む力に耐えうるよう、丈夫な金属を使用することが多いですが、近年では材料の開発や改良により、金属を使用しなくても十分強い材料が出てきました。

金属を使用しない治療が可能になったことで、金属アレルギーの問題の心配がなく、より見た目が自然な治療ができるようになりました。

歯科金属の問題点

歯科治療の中でも、一般的によく行われている保険診療において、歯科金属はよく用いられています。保険診療では、治療に使われる材料が細かく決められており、安価な材料しか使えないため、強度が必要な場合には金属を使うことが多くなってしまいます。
金属は、強度の点では問題ないのですが、いくつか問題点があります。

歯科金属の問題点

1.見た目が自然ではない

金属は銀色をしていますので、自然な見た目だとは言えません。奥歯で外から見えない場所の場合には特に問題にはなりませんが、見える位置にある場合だと、やはり見た目が気になってしまったり、お口を大きく開けられなくなってしまったり、というような問題が起こってきます。

2.金属アレルギーを起こすことがある

金属アレルギーを起こす人は増え続けていると言われています。歯科金属も例外ではなく、特に保険診療で使われている銀歯などによって金属アレルギーを起こすことがあります。
歯科金属によって起こるアレルギー症状は、口の中のただれなどに限らず、唾液中に溶け出した金属イオンが体内のタンパク質と結合してアレルゲンとなり、体の他の部分の皮膚に湿疹などの症状を出すことが確認されています。

3.歯茎や歯に着色させてしまうことがある

保険診療で使われる金属は唾液中に溶け出す性質があり、それによって歯茎の色や歯の色が黒ずんでしまうことがあります。

4.銀歯は虫歯の再発を起こしやすい

銀歯は歯とセメントを介してくっつきますが、年数が経つにつれ、セメントがだんだんとボロボロに崩れて唾液に溶け出し、その部分に虫歯を作ってしまいやすい傾向があります。

メタルフリー治療の良いところ

メタルフリー治療の場合、金属を使用した場合に起きるデメリットが起こりません。

女性
見た目が自然で美しい
金属を使わず、歯の色に近いセラミックの材料を使って治療しますので、見た目が天然歯と区別がつきづらいほど、自然で美しい仕上がりになります。

女性
金属アレルギーを起こさない
金属を一切使用しませんので、金属アレルギーの心配もありません。

女性
歯や歯茎に着色を起こさない
セラミックは材質的に安定していますので、金属のように唾液に溶け出して歯や歯茎を変色させてしまう心配がありません。また、生体親和性にも優れており、体にも無害です。

女性
虫歯の再発が起こりにくい
セラミックは金属と違って歯となじみがよく、それゆえ年数が経っても虫歯の再発を起こしにくいという特徴があります。

当院で行なっているメタルフリー治療の例

セラミックインレー

インレーとは、部分的に歯を補う詰め物のことです。周囲の歯質の色と合わせたセラミックインレーを入れることで、治療痕の見えない、健全歯のような見た目にすることができます。

オールセラミッククラウン

クラウンというのは、全体を覆うような被せ物のことをいいます。セラミックは細かく色を調整できますし、天然歯のような透明感を出すことができますので、周りの歯の色と調和した自然な仕上がりにすることが可能です。
オールセラミッククラウンは、すべてがセラミックでできている被せ物のことです。内部に金属の裏打ちがあるセラミックの被せ物「メタルボンドクラウン」よりも、より透明感に優れた自然な見た目になります。

ノンクラスプデンチャー

金具を一切使用しない部分入れ歯です。金具がないので見た目が悪くなることがありませんし、金属アレルギーの心配がありません。

ジルコニアアバットメント

インプラントと被せ物をつなぐアバットメントは金属製のものが多いですが、ジルコニアというセラミックの一種を使用することで、より審美的な見た目を実現することができます。

インビザラインシステム

これは矯正治療の一種で、プラスチックのマウスピースを段階的に交換していくことで歯並びやかみ合わせを整えていく治療法です。従来のような金属ワイヤーや装置を使用しないため、目立たず、金属アレルギーが心配な方でも安心して矯正治療が行えます。

一般歯科関連メニュー
  1. むし歯治療
  2. 歯周病治療
  3. 入れ歯・義歯
  4. メタルフリー
診療内容
  1. 一般歯科
  2. 口腔外科
  3. 矯正歯科
  4. インプラント
  5. ホワイトニング
  6. 妊婦さんの歯の治療
  7. 小児歯科
  8. 小児矯正
  9. 予防治療

^

新着情報
新着情報
新着情報