新型コロナウィルスの予防対策について
電話番号 044-400-1318
ネット予約
診療案内

歯治療

「痛くしない」、「なるべく削らない」、「再発させない」治療を心がけます

子供の口の中

虫歯の治療は「痛そう」というイメージがあって、不安に思われる方も多いと思います。ですが、最近では昔と違い、麻酔の時点からなるべく痛みを感じさせないように行う技術が発達してきています。

当院でも、痛みを極力患者様に感じさせないような技術をフル活用して、治療を行なっています。また、大切な歯を少しでも長く残すためには、歯質をいかに残すか、いかに虫歯を再発させないか、が大事になってきます。それゆえ、虫歯は確実に取りつつも削る量は最小限にとどめ、虫歯が再発しにくいよう、適合に優れた詰め物、被せ物を装着するようにしています。

イラスト
歯医者が苦手な方は特に、虫歯がひどくなって痛くなったら仕方なく来院する、ということになりがちです。確かにそれでも治療はできるのですが、虫歯がひどくなってからでは、治療もそれだけ大変になってしまいますし、歯も長持ちしなくなってしまいます。
虫歯は軽い段階であれば、簡単な治療ですぐに終わらせることも可能です。ただし、軽い段階の虫歯というのは痛みの症状などもないため、ご自分で自覚するのは大変難しいものです。そのため、異常があれば早めに対処できるよう、定期的に歯医者で検診を受け、早期発見、早期治療を行うことが大切です。

虫歯の進行と治療方法

虫歯治療は進行度合いにより、治療方法が変わります。

CO(シーオー):初期虫歯

初期虫歯

虫歯のでき始めの段階です。穴はあいておらず、白や茶色、黒っぽい色などの変色が見られます。痛みはありません。
治療方法
この段階の虫歯の場合、まだ削る必要はありません。歯磨きをしっかりと行い、必要に応じてフッ素塗布などを行うことにより、歯の再石灰化が起こって虫歯に進展させずに済む可能性が高いです。ただし、定期的に経過観察が必要です。

C1(シーワン):エナメル質に達する虫歯

エナメル質に達する虫歯

虫歯が歯の再表層にあるエナメル質に広がった状態です。小さな穴があき始めます。この段階でもほとんど痛みを感じることはありません。
治療方法
虫歯の部分を削って、コンポジットレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを詰める治療を行います。通常、麻酔なしでも痛みはありません。

C2(シーツー):象牙質に達する虫歯

象牙質に達する虫歯

エナメル質の奥にある象牙質に虫歯が達した状態です。冷たいものや甘いものの刺激でしみたり痛みを感じることがあります。痛みを感じない場合もあります。
治療方法
虫歯を削って、虫歯の大きさや患者様のご希望に応じて、コンポジットレジン、または銀歯かセラミックの詰め物を行います。通常はそのまま削ると痛みが出るため、歯茎に局所麻酔をして治療を行います。

C3(シースリー):神経に達する虫歯

神経に達する虫歯

虫歯が歯の中央部にある神経に達すると、温かいもので痛みを感じたり、何もしなくてもズキズキと痛む症状が起こってきます。
治療方法
歯茎に局所麻酔をし、歯を削って神経を取り除く必要があります。神経の炎症が非常に強い場合には、麻酔が効きづらいことがありますので、痛みの状況を見ながら麻酔を足すなどして治療を進めていきます。神経の治療が終わり、症状が落ち着いたら詰め物や被せ物をします。

C4(シーフォー):歯根までボロボロになった虫歯

歯根までボロボロになった虫歯

歯の頭の部分は全て虫歯で崩壊し、歯根まで虫歯になってしまっている状態です。神経は死んだ状態になっており、痛みを感じない場合も多くあります。
治療方法
歯に被せ物をすることができない状態のため、抜歯になることがほとんどです。ですが、歯の状態によっては、根の治療をして残せる場合もあります。

根の治療

治療の成功率を高めるために、マイクロスコープを使用しています

子供
子供

虫歯が神経に達するほどひどくなっても、神経の治療を行うことで歯を再度復活、機能させることができます。ただ、根の治療は肉眼で見えない「根の内部」という場所を治療するため、また根の内部が複雑な構造をしていることから、歯科治療の中でも非常に難しい治療として知られています。

そのため、成功率も決して高くはなく、なかなか症状が良くならなかったり、一旦治療を終えても、しばらくしてからまたトラブルを抱えることも少なくありません。

当院では根の治療の成功率を高めるために、肉眼では見えづらい部分を拡大して見ることのできる、マイクロスコープを使用した治療を行なっています。

根の治療が必要となる場合

根の治療は、虫歯が進んで神経を取るケース以外でもよく行われています。根の治療を行う場合としては次のようなケースがあります。

1.虫歯が神経に達して痛みが出た場合
2.外傷や虫歯の放置などが原因で神経が死んでしまった場合
3.重度の知覚過敏で痛みがひどい場合
4.歯が割れたり折れたりして神経が露出した場合
5.過去に神経の治療をした歯の歯根周囲に膿が溜まった場合

根の治療は時に回数が何度もかかり、根気のいる治療となることもあります。ですが、あきらめずに治療を続けることで、確実に歯を残せる可能性が高くなります。

一般歯科関連メニュー
  1. むし歯治療
  2. 歯周病治療
  3. 入れ歯・義歯
  4. メタルフリー
診療内容
  1. 一般歯科
  2. 口腔外科
  3. 矯正歯科
  4. インプラント
  5. ホワイトニング
  6. 妊婦さんの歯の治療
  7. 小児歯科
  8. 小児矯正
  9. 予防治療

^

新着情報
新着情報
新着情報